シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

生身の俳優も滅亡するのか?w/猿の惑星 新世紀

 

作品情報

 

 

作品名 猿の惑星 新世紀
公開日 2014年
上映時間 130分
監督 マット・リーヴス
主演 ジェイソン・クラーク
配給 20世紀フォックス

 

あらすじ

 人間と同様の知性を得たチンパンジー、シーザーが仲間と共に人類に反旗をひるがえしてから10年。彼らはミュアウッヅの森で独自の文化を形成していた。一方人類は、ALZ1131ウイルス(通称:猿インフルエンザ)の感染爆発により、その文明が滅びようとしていた・・・。

 

感想

 今回は「猿の惑星 新世紀」を紹介。

 

 これは、2011年公開の、「猿の惑星 創世記」の続編になります。

 

 まず観て感じたのは・・・・・・CGの技術スゴすぎw。

 

 今までも、動物がCGで再現された映画(ターザン REBORNとか)などをいろいろ観てきましたが、この作品は別格だった

 

 猿たちの動きはもちろんのこと、表情の微妙な変化まで見事に再現していた(@_@。。これは、ホントに凄かったw。

 

 そしてこの技術こそが、この作品の肝

 

 というのも、パケ写にある通り「共存」がテーマになってくる。

 

 10年という長き月日、人間と遭遇することの無かった猿達。ある日、偶然マルコム一行に出会い、彼らは激しく動揺する。かつて虐げられていた記憶から、攻撃にでようとする者、無益な争いを避け共存の道を探る者。それぞれの思惑が複雑に絡み合い、予想外の結末を迎えるのだが・・・。

 

 その複雑な胸中を作品では描いているのだが、それにはあのCG技術が不可欠だったと思う。そして本物(?)の様に、怒り苦悩する猿の表情は、間違いなく観ている者を作品の中に引きずり込むw。

 

 もうこんなもの魅せられた、生身の俳優はいらない、とまでは思わないが出番が減るのではと考えてしまった(;´Д`)。

 

 非常におもしろいので、是非観てください。

 

 

こんな人にお勧め!!

 猿の惑星シリーズが好きな人

 驚異的なCG技術を堪能したい人

 おすすめです。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

 

 

お勧め動画配信サービス

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村