シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【映画】ランペイジ 巨獣大乱闘/続編あったらいいな~w

 

 

本日の紹介映画/ランペイジ 巨獣大乱闘

作品情報

 

作品名 ランペイジ 巨獣大乱闘
公開日 2018年
上映時間 107分
監督 ブラット・ペイトン
主演 ドウェイン・ジョンソン
配給 ワーナー・ブラザース

 

あらすじ

 シカゴの企業エナジン社は、宇宙ステーションでとある実験をしていた。しかし、実験は失敗。凶暴化した実験動物によって、ステーションは破壊されてしまった。間一髪、サンプルを回収し脱出ポットに乗ったアトキンズ博士だったが・・・。

 

感想

 今回は「ランペイジ 巨獣大乱闘」を紹介。

 

SFの定番遺伝子操作

 本作では、ゲノム編集という技術がでてくる。そうゲノム編集って、あのゲノム編集ですよ、SFとかでよく出てくるあの・・・・( ;∀;)。すいません(*_*;。まったく分からないっすw

 

 もうね、ゲノム編集とかDNAとか似たようなものがいっぱい出てきて、頭がこんがらがるんですよw。でも、ご安心あれw。今はインターネットという素晴らしいツールがある。こんなものネットで、ちょちょっと調べてしまえばおk(#^^#)。

 

 なになに、DNAとはデオキシリボ核酸という化学物質の略称で、ゲノムとはそのDNAの基本的なセットで・・・(;´Д`)。すいません、調べたけど自分はイマイチ理解できませんでした( ;∀;)。詳しく知りたい人は、各自で調べてください( ;∀;)。

 

 とまあ、一応調べてみたものの、分かったような分からないような・・・モヤっとした感じだが、作品を観る上での、予備知識としてはこれくらいで十分だろw。

 

CGのゴリラ、ジョージ

 本作の主人公は、もちろんドウェイン・ジョンソン演じるデイビスだ。しかし、そんなデイビスを差し置いて、メチャクチャ印象に残った者がいる。

 

 それは、フルCGのゴリラ、ジョージだ(@_@。。

 

 これ、毎回言っているような気がしますが、ホント今のCG技術ってスゴイですよねw。もはや、本物のゴリラと見分けがつかないレベルでした。

 

 だが、注目すべきは、そこではない。なんとジョージは、手話を使いながらデイビスと、見事なコミュニケーションを取っているではないか。

 

 これには、正直おどろいたw。CGなのにこれほどまで、スムーズに人と絡めれる映像が作れるとは・・・。これから、こういう作品が増えてくるのだろうか?。

 

 ちと探してみたら、CGキャラが主役の作品ありましたね(;´Д`)。「アリータ:バトル・エンジェル」という作品で、日本のマンガ「銃夢」が原作となっているそうです。なかなか面白そうなので、今度観てみようかなw。

 

 怪獣物増産か?

 この作品が公開となったのは2018年だ。2017年に「キングコング 髑髏島の巨神」が公開され、2019年には「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が公開された。さらにゴジラの次作「ゴジラvsコング(仮)」控えている・・・。

 

 もしかして、これはきているのか?。いや、確実にきているだろうこれは。

 

 そう、ハリウッドに怪獣ブームが到来しているのだw。

 

 いや~これは非常に嬉しいですねw。子供の頃よく怪獣映画を観ていたファンとしては、これからもバンバン作ってほしいですね~w。

 

 あっ、もちろん本家日本で作ってくれてもいいんですけどね(;´Д`)。

 

 

まとめ

  スートーリーは捻りもなく一本道。”ゲノム編集”なんて難しい言葉も出てくるが、深く考える事なく、巨獣たちの迫力ある大乱闘を楽しめるし、お茶目なジョージにクスっと笑う事のできる作品。

 娯楽映画として、とても楽しめる作品でした(#^^#)。

 

キャスト

 

関連グッズ

 

 

 

 

 

お世話になってる、動画配信サービス

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

参加しているので、応援おねがい!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村