シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「欲望のバージニア」の感想 | 禁酒法時代の雰囲気、分かります

 

スポンサーリンク

 

欲望のバージニア

作品情報

作品名 欲望のバージニア
公開日 2013年
上映時間 115分
監督 ジョン・ヒルコート
主演 トム・ハーディ
配給 ワインスタイン・カンパニー

 

キャスト

 

あらすじ

 アメリカの禁酒法時代。バージニア州のフランクリン郡で、密造酒を販売する3人兄弟がいた・・。

 

感想

  末っ子役の、シャイアン・ラブーフ。いい味だしてましたよ(#^^#)。

 

 彼って、こういうちょい頼りない役が、実によく似合いますよねw。(”トランスフォーマー”とか”コンスタンティン”の影響かもしれんが・・。)

 

 しかし、最近そんな彼に異変が・・・。

 

 ”フューリー(2014)”、”マン・ダウン 戦士の約束(2015)”と、いままでとは真逆の役を演じていた( ;∀;)。

 

 特にマン・ダウンなんて、ゴリゴリマッチョの軍隊モノで、びっくりしましたよw。

 

 そんな彼が演じる、ジャックの成長を軸に、あの時代の雰囲気を味わえる、なかなかに面白い作品でした。

 

 シャイアン・ラブーフ、これからが楽しみな俳優さんですね(#^^#)。

 

スポンサーリンク

 

こんな人に、おすすめ!!

  禁酒法時代に興味がある人

 おすすめです

 

関連グッズ

DVD

 

オカルト系だが、かなり面白いです

 

お世話になってる、動画配信サービス

本ページの情報は2021年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

  最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。