シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

現代の戦争/スノーデン

 

作品情報

 

 

作品名 スノーデン
公開日 2017年
上映時間 134分
監督 オリバー・ストーン
主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット
配給 オープン・ロード・フィルムズ

 

 

あらすじ

 2013年6月の香港。二人の記者は、デパートである人物を待っていた。彼は、全世界を震撼させるスクープがあるというのだが・・・。

 

感想

 今回は「スノーデン」を紹介。

 

 この作品は、2013年にエドワード・スノーデンが、「ガーディアン」誌に機密情報をリークした事を元に作られている。

 

 当時、彼の内部告発により、世界は震撼した。今世紀最大のスクープといわんばかりに、マスコミは騒ぎ立て、スノーデンが一気に時の人となったことをよく覚えている。そんな中私は、この一大スクープに対して冷めた感情みていた。

 それは、まあアメリカならそれくらいやってるだろう、という漠然な思いと、スノーデンが胡散臭かったからだw。

 

 この漠然たる思いが湧いてくるのには、それなりの理由がある。それは、私が読んでいるマンガ「ゴルゴ13」(さいとうたかを著)の144巻「神の耳・エシュロン」からきている。

 この回は、アメリカの通信傍受システムについての回なのだが、これが本当に恐ろしかったw。

 そんなマンガや、様々な都市伝説的なものの影響が積み重なり、アメリカによる情報統制というイメージが、私の中で出来上がってしまった。

 

 しかし、今回紹介する作品は、このイメージをはるかに超える現実をみせてくれた。

 

 特にショッキングなのは、日本が絡んでくるシーン。

 

 これは、相当ヤバかった(;´Д`)。

 

 これが、本当なら日本も早急に、手を打たなければならないのだが、つい最近まで担当だった大臣の発言を聞いていると、不安しかない・・・(;´Д`)。

 

 戦争は世界中で、今起きているということを実感させらる作品でした。

 

こんな人にお勧め!!

 政治物の作品がすきなひと

 おすすめです。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村