シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

オーロラの彼方へ

 

作品情報

 

 

作品名 オーロラの彼方へ
公開日 2000年
上映時間 117分
監督 グレゴリー・ホブリット
主演 ジム・カヴィーゼル
配給 ニュー・ライン・シネマ

 

 

あらすじ

 太陽フレアの活性化により、ニューヨークでもオーロラが見えた、1969年。消防士のフランク・サリバンは深夜に趣味の、アマチュア無線機をいじっていた・・。

 

 30年後の1999年、またニューヨークでオーロラが観測された夜。フランクの息子ジョンは、ひょんな事から父親の遺品を取り出していた。そんな時、昔のアマチュア無線機をみつけ、スイッチを入れてみると・・・。

 

感想

 今回は「オーロラの彼方へ」を紹介。

 

 私は、天体とか苦手なので、まずはオーロラについて軽く調べてみましたw。

 

 そうすると、太陽風のプラズマと地球の磁力によって起こる現象との事。なるほど、そんな現象なので、北極と南極に観測されるんですね~w。

 

 さて、そんなオーロラがニューヨークでも観測された、という事から物語は始まるのですが、ニューヨークの実際の北緯は40度くらい。

 

 ちょっとピンとこないので、日本だとどの辺か調べてみると、なんと私の郷里、岩手県の上を通っているではないですかw。

 

 単純に比較はできないとは思うのですが、こんな所でもオーロラが観れるなんて、確かに奇跡ですよねw

 

 そんな奇跡的な夜に、さらに奇跡が起こるというのがこの作品。

 

 それは30年後の息子と無線機で、会話できてしまったということ。

 

 最初はお互いに、困惑しとても信じられないという感じだった。しかしある事件をきっかけに、フランクは交信相手が未来の自分の息子だと確信するのだが、それがとても感動的だった(#^^#)。

 

 そんな感動の中、ストーリーは重大局面を迎えるの。これはタイムトラベル物では恒例(?)の過去の出来事を変えてしまったために、予期せぬ問題が発生

 

 こういうのを観ると、おっさんな私は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を連想してしまうのだが、私だけだろうか(;´Д`)。

 

 ここから、作品の流れが一気に変わりました

 

 これには正直驚いた。てっきり父親と息子の交流を軸に、感動的な流れでラストまでいくのかと思っていたのが、まさかまさかのミステリー展開(@_@。。

 

 ミステリー展開はよくあるパターンで、あれよあれよという間にラスト到着。

 

 で、そのラストなんですが、もう素晴らしかった(#^^#)。

 

 いや本当、感動的でした。ここにきて、声だけで交流していた効果が最大限に発揮されていました。本当、うまく考えてますよね~(#^^#)。

 

 とても感動的で、ほっこりくる作品でした。

 

 主演のジム・カヴィーゼルは、「パーソン・オブ・インタレスト」という面白いドラマにも出ているので、そちらよかったらどうぞ。

 

こんな人にお勧め!!

 家族愛あふれる映画が観たい人。

 ドラマなんだけど、ミステリー要素も欲しいという人。

 おすすめです。

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

お勧め動画配信サービス

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村