シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「わたしは、ダニエル・クレイグ」

 

【映画】「わたしは、ダニエル・ブレイク

 

 

作品情報

作品名 わたしは、ダニエル・ブレイク
公開日 2017年
上映時間 100分
監督 ケン・ローチ
主演 デイブ・ジョーンズ
配給 ロングライド

 

キャスト

 

あらすじ

 舞台はイギリスのニューカッスル。主人公のダニエルは、心臓病により職を失ってしまう。医者から病気が良くなるまで、休職するように言われ、失業給付金の申請のため役所にいくのだが・・。

 

感想

お役所仕事は万国共通語!?

 お役所仕事・・・。これは文字通り、役所がマニュアル通りの仕事をする事を皮肉った言葉なのだが・・。

 

 てっきりこれは、日本独自かとおもっていたのだが、まさか万国共通語だったとは(;´Д`)。衝撃的でしたよ。

 

 グローバル化が叫ばれる中、こういう物までグローバル化されてしまったんでしょうかね。

 

 それにしても、冒頭の会話のシーンから始まり、役所の対応酷すぎないか(;´Д`)。

 

 日本の対応もアレだが、まだまだ世界レベルではないという事か・・・。

 

わたしは、ダニエル・ブレイク

 この題名の意味が、ラストになってようやく解る展開だった・・。

 

 衝撃的なラストも相まって、すごく心に刺さる内容だった(;´Д`)。

 

 社会がどんどん複雑化、肥大化する中で、個人が縮小化され記号化させていく・・。

 

 ホント恐ろしい話ですよ(;´Д`)。それと同時に、数字しゃないんだよな~と改めて思いましたよ。

 

まとめ

 コロナ禍の時代だからこそ、是非みてほしい社会派作品だった。

 

 毎日、新規感染者数や重傷者数など、さまざまなデータが発表させる中で、その裏で実際何が起こっているのか、数字に惑わされる事無く考える必要があるだろうな・・(;´Д`)。

 

スポンサードリンク

 

 

こんな人にオススめ!!

 社会派作品が観たい人。

 世界で何が起こっているのか、知りたい人。

 オススめです。

 

関連グッズ

 

 

同じくケン・ローチ監督作品。これもかなりヤヴァいです(;´Д`)。

 

アメコミ作品ながら、現代の闇を鋭く描いた異色の作品。 

 

お世話になってる、動画配信サービス

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

参加しているので、応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村