シンプル映画感想ブログ

面白いと思った洋画を、シンプルに紹介しています。

誰よりも組織を愛してた故に/ザ・シークレットマン

 

作品情報

 

 

作品名 ザ・シークレットマン
公開日 2018年
上映時間 103分
監督 ピーター・ランデズマン
主演 リーアム・ニーソン
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス

 

あらすじ

 長年FBIの長官を務めてきた、フーヴァー長官が急死した。周囲が慌ただしく動く中、急遽長官代理に任命されたのが、パトリック・グレイだった。彼はニクソン大統領の息がかかった者として有名だった。そんな時、民主党本部のあるウォーターゲートビルに盗聴器が仕掛けられ・・・・。

 

感想

 今回は「ザ・シークレットマン」を紹介。

 

 これは、ウォーターゲート事件を題材にした作品

 

 ウォーターゲート事件ってなんだ?という人。安心してくださいw。私も、ほとんど知りませんでしたが、それでも楽しめました。

 

 でもやっぱり、詳しく知りたい!!という人はココからどうぞ。

 

 そんな大スキャンダルの中心人物、マーク・フェルトが本作の主人公。

 

 彼は、FBIに30年近く勤めていて、まさに人生をFBIに捧げてきた人物。それ故に、今回の人事は許せなかったんでしょうね~(;´Д`)。

 

 その事が伺えるシーンがある。それはパトリックが任命されて、FBIにやって来たシーン。マークが挨拶をしながらも、しっかりとクギをさしていた・・。これが、なかなかに痛烈(;´Д`)。こんな事を言えるなんて・・やはりマークは、信念の人だったんですね~。

 

 そんな彼だからこそ、決断せざるを得なかった・・・それがウォーターゲート事件。ただその決断は、彼にとってあまりにも酷な事だった。

 

 誰にも打ち明けられず、一人で苦悩するマーク。その葛藤が見事再現されていました(#^^#)。さすがリーアム・ニーソンお見事です。

 

 FBIという組織を、誰よりも愛した男の孤独な闘い。是非観てください。

 

 

こんな人にお勧め!!

 リーアム・ニーソンが好きな人

 渋くて、重厚な映画が観たい人

 おすすめです。

 

 登場人物

 

関連グッズ

 

お勧め動画配信サービス

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村