シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

ヘレディタリー 継承

 

作品情報

 

 

作品名 ヘレディタリー 継承
公開日 2018年
上映時間 127分
監督 アリ・アスター
主演 トニ・コレット
配給 A24

 

 

あらすじ

 主人公のアニーは、長年疎遠になっていた母エリーの死を切っ掛けにグループ・カウンセリング参加するようになっていた。そんな中、母の遺品を整理しているうちに、異様な気配を感じて・・・。

 

感想

 今回は「ヘレディタリー 継承」を紹介。

 

 この作品は、前から観たいと思っていた作品の一つだ。

 

 というのも、サンダンス映画祭でプレミア上映されてから、評論家達からの評価が高く「21世紀最高のホラー映画」、とまで言われる作品だからだ。

 

 さすがに「21世紀最高のホラー映画」は言いすぎだろ、と思いながら期待を胸にさっそく鑑賞スタート。

 

 そして、思った事は・・・・。

 うん、これは怖い作品だ(;´Д`)。

 

 怖いと言っても、よくあるアメリカのホラー映画とは質が異なっていた。「オーメン」や「エクソシスト」に代表されるように、あちらのホラー映画って直接的に訴えてくる作品が多い。それは、その方が観客うけが良いというのもあるが、もっと根が深いところ、宗教とか文化的なところにあると思う。キリスト教で、絶対悪とされている悪魔が存在し、それが怖さの対象となっているように、きっと日本人とは怖さの対象が違うんだと思う。

 

 そう考えると、この作品は日本のホラー映画に近いように思える。「リング」や「呪怨」にみられる、あのジワジワとくる感じ、不気味さがこの作品がからヒシヒシと伝わってきた。

 

 冒頭のミニュチアのシーンから始まり、チャーリーの不気味な絵、それらがとても謎めいていた事が、よけい心をざわつかせた。主演のトニ・コレットの演技力も素晴らしかった。特に放心状態のシーンは何とも言えない怖さを感じた。

 

 こうやってみると、「21世紀最高のホラー」というのも、あながち嘘じゃないかと思えてきたw。ただ真の恐怖は、観終わってからやってきた・・・。

 

 作品を鑑賞後、内容を理解できず、何回か見直してようやく理解した時には、ほんとゾッとしてしまった(;´Д`)。

 

 継承・・・この意味を理解した時、きっとあなたは戦慄するだろう。

 

こんな人にお勧め!!

 ホラー映画大好きなひと

 謎が多く、不気味な映画が好きなひと

 おすすめです。

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村