シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

ザ・マスター

 

作品情報

 

 

作品名 ザ・マスター
公開日 2013年
上映時間 143分
監督 ポール・トーマス・アンダーソン
主演 ホアキン・フェニックス
配給 ワインスタイン・カンパニー

 

 

あらすじ

 第二次世界大戦後のアメリカ。戦場で精神を病んでしまった、フレディはある男に出会う。彼はカリスマ的な存在で、フレディは次第に彼に傾倒していくのだが・・・

 

感想

  今回は「ザ・マスター」を紹介。

 

 この作品は難解だった(;´Д`)。

 

 疑似的な父子愛を描いた、作品なのだがクセが強すぎたw。

 

 冒頭のシーンからいきなり、フレデイの顏のアップから始まる。しかも顏の下半分は何かにかくれて見えない。一切の説明がなく、不穏なBGMが流れ始める。

 

 後に回想シーンとかも出てくるのだが、その時でさえ説明がなく、いきなり始まる。これは、独特な演出方法だった。たぶん、客観的な情報をなるべく排除しようとしたのだと思う。

 

 というのも、ランカスターが主宰するセミナーでは「精神は肉体を変え、永遠に生き続ける」という教義がある。まあ、転生みたいな感覚なのだろう。

 

 実際にランカスターが、治療(?)を高齢の女性に行うシーンがある。その女性は、治療後自分がかつて男性だった事をはっきりと思い出した、というのだ。この体験をまさに、観ている人にも感じてほしく、時と場所とかの説明がないのかなと思ってしまった。

 

 そして、主人公のフレディも個性的だった。彼が登場する時には、不穏なBGMが流れる。また彼の顏が、半分以上かげに隠れているアングルが、非常に多かった。

 

 とても不気味な感じだがこれは、父親を亡くし、母親は精神病院に入院中という暗い過去を持つ、彼の心情をあらわしての事だろう。またその事から、”父親”になってくれそうな存在を探していたようにもみえる。

 

 そんなフレディが、ランカスターと出会い彼を父親のように慕うのだが、その愛情表現が屈折していた。

 

 このあたりは、凄い引き込まれるのだが、これはホアキン・フェニックス演技力のたかさの賜物だろう。

 

 面白いというよりは、記憶に残るような作品でした。

 

こんな人にお勧め!!

 ホアキン・フェニックスがすきなひと

 人間の内面を描いた作品をみたいひと

 おすすめです。

 

 

登場人物

 

お勧め動画配信サービス

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村