シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「希望の灯り」の感想 | ドイツ映画もいいものですね

 

スポンサーリンク

 

希望の灯り

作品情報

作品名 希望の灯り
公開日 2019年
上映時間 125分
監督 トーマス・ステュバー
主演 フランツ・ロゴフスキ
配給 Zorro Film

 

キャスト

  • クリティアン(フランツ・ロゴフスキ)
  • マリオン(ザンドラ・ヒュラー)
  • ブルーノ(ペーター・クルト)

 

あらすじ

 主人公のクリティアンは、旧東ドイツライプツィヒ近郊にある巨大スーパーマーケットで、在庫管理係として働く事になるのだが・・。

 

感想

 この作品、ものすごく”静か”な作品だった。

 

 舞台となるのは、巨大スーパーマーケットの中。

 

 従業員は、毎日かわらぬ作業の繰り返しで、何も起きず展開的に”静か”だった。(主人公は在庫管理という事もあり、ほんと作業しているという感じ)

 

 ただ”静か”なのは、それだけではないw。

 

 この作品・・。セリフがとにかく少ない(@_@。。

 

 クリティアンなんか、主人公なのにほとんど喋らない。

 

 ただこれがね~、逆にいいんですよw。その時々の感情がね、肉汁のようにジュワ~っと染み出てきてw。

 

 ブルーノとの会話では中年オッサンの哀愁を、マリオンとの会話では男と女の微妙な駆け引きを、少ないセリフの中に感じる事ができましたよ(#^^#)。

 

 さらに、主人公が喋らない事で、意外な効果(?)が生まれてくるw。

 

 それは登場人物が、直接自分に話しかけてくるような感じで、映画の中にいるのでは?と錯覚してしまう不思議な感覚だった(@_@。。

 

 とても”静か”だが、それを上手く利用した素晴らしい作品でした(#^^#)。

 

 それにしても、あの職場の雰囲気。最高ですね(#^^#)。あんな所で、働きたいよ~( ;∀;)。

 

スポンサーリンク

 

こんな人に、おすすめ!!

  静かな作品が観たい人

 しみじみくる作品が観たい人

 おすすめです

 

関連グッズ

DVD

 

お世話になってる、動画配信サービス

本ページの情報は2021年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

  最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。