シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「マリー・アントワネット」の感想 | あの名言が有名ですが真相はいかに

 

マリーアントワネット

作品情報

作品名 マリー・アントワネット
公開日 2007年
上映時間 122分
監督 ソフィア・コッポラ
主演 キルスティン・ダンスト
配給 コロンビア映画

 

キャスト

 

あらすじ

 1769年、オーストリアの皇女マリー・アントワネットは、フランスとの同盟強化のため、ルイ16世と政略結婚することとなった。

 

感想

 本当は、昨日ブログ更新する予定だったのだが・・。

 

 昨日はちとショックな事があり、更新できなかった( ;∀;)。

 

 ”ベルセルク”、ついに未完のまま終わるのか・・(+_+)。

 

 さて、気を取り直して感想を書くかw。

 

 

 マリー・アントワネット、嵌められちゃったんだね(+_+)”。

 

 これが、鑑賞後の正直な気持ちだ・・。

 

 マリー・アントワネット・・。フランス国王ルイ16世の王妃で、フランス革命により処刑された人物。

 

 ”パンがなければお菓子を食べればいいじゃない”というセリフが超有名で、国庫を豪華なパーティーで食いつぶした、というイメージしかない彼女だが・・。

 

 この作品で描かれている彼女は、全然そんな感じではなかった( ;∀;)。

 

 確かに、マリー・アントワネットは豪華なパーティーを開催し、派手なドレスをとっかえひっかえ着ていたかもしれない。

 

 しかし、それは当時のフランス貴族にはそういう習慣あり、それがステータスとなったからであって、彼女だけを槍玉にあげるのはちょい暴論じゃないかえ・・( ;∀;)。

 

 さらに言うなら、フランスが借金だらけになったのは、前々から続く植民地政策の失敗、あと本作でもちらっと出てたが、アメリカ独立戦争への支援が原因だろう・・・。

 

 そう考えると、やはりマリー・アントワネットは嵌められたんだろうな・・。

 

 某前大統領じゃないが”フェイクニュース”に、何世紀も踊らされてる彼女ってなかなか可哀そうなものですね( ;∀;)。

 

 マリー・アントワネット”。シンプルな構成ながらも、彼女の心の軌跡がよく分かる良作でした(#^^#)。

 

 それにしても、民衆のルサンチマンを煽るレッテル貼りって、今も昔も変わらないんですね・・。

 

 日本でもそろそろ、革命起こるのかな・・( ;∀;)。

 

スポンサーリンク

 

こんな人に、おすすめ!!

 中世ヨーロッパに興味がある人

 華やかな映画が観たい人

 おすすめです

 

関連グッズ

DVD

 

フランスといえば、三銃士ってことでw

ポスター

 

お世話になってる、動画配信サービス

本ページの情報は2021年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

  最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。