シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「ボーン・アイデンティティー」の感想 | 闘う事は忘れない・・

 

ボーン・アイデンティティー

作品情報

作品名 ボーン・アイデンティティー
公開日 2003年
上映時間 119分
監督 ダグ・リーマン
主演 マット・デイモン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

 

あらすじ

 マルセイユ沖で操業していた漁船が、ある男を救助した。彼は背中に撃たれた痕があり、記憶まで失っていたのだが・・・。

 

感想

 この作品は、ジェイソン・ボーンの記憶を辿る作品なのだが・・。

 

 ふと、疑問に思ったのが、記憶喪失モノの映画って結構あるが(”アンノウン”とか”メメント”など)、こんなに簡単に記憶喪失になっちゃうんですかね?w。

 

 記憶喪失・・・。正式には”解離性健忘”というらしいが、普通では忘れる事のない重要な個人情報を想起できない病態で、通常はストレスやトラウマが原因らしい・・。

 

 なるほど、確かにボーンは、直前に強いストレスを感じていた。

 

 そして、これはシリーズで明かされるのだが、ボーンはもともと”トレッド・ストーン計画”で、かなりストレスを溜めこんでいた模様。

 

 仮にこれらが重なり合ったのだとすれば、極度のストレス状態により、記憶喪失も十分にあり得るのだろう・・。

 

 だが、疑り深い私は、さらに追及していくw。

 

 次に疑問に思ったのは、戦闘能力だ。

 

 記憶を失くしながらも、あの戦闘能力ってどうなのよ?w。

 

 そこで、記憶とはどうなってるのか、ちと調べてみた。

 

 一般的に記憶は脳の中の”海馬”に一旦ためられて、整理されてから大脳皮質に貯蔵させる。

 

 しかしそれとは別に、俗に言う”体で覚える”という、あの感覚。あれはどうなっているのだろう?。

 

 こちらは脳の奥深いところ、大脳基底核と小脳に記憶させている。そしてこの二つがニューロンで正しく繋がる事が、”体で覚える”ということらしい。(因みに人の反応速度は0.2秒だが、体で覚えた反応はそれを超えるそうだ)

 

 だからボーンのように海馬に損傷があっても、体で覚えた格闘センスは失われなかったんですね~(#^^#)。

 

 これで、ようやく納得ですw。記憶を失くしても、戦う事は忘れない・・。

 

 まさに、最強の兵士って事でしょうか・・( ;∀;)。

 

スポンサーリンク

 

こんな人に、おすすめ

 スパイ映画が観たい人

 リアルなアクションが観たい人

 おすすめです

 

関連グッズ

DVD

 

シリーズDVD

 

ポスター

 

お世話になってる、動画配信サービス

本ページの情報は2021年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 

 

応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。