シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「Vフォー・ヴェンデッタ」の感想 | 恐れるべきは政府だ

 

Vフォー・ヴェンデッタ

作品情報

作品名 Vフォー・ヴェンデッタ
公開日 2006年
上映時間 132分
監督 ジェームズ・マクティー
主演 ナタリー・ポートマン
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

 

あらすじ

 舞台は第三次世界大戦後のイングランドアメリカ合衆国は崩壊し、アダム・サトラーによる独裁政治が行われていた。そんな中、テレビ局に勤務するイヴィーは、夜間外出禁止令を破り、外出するのだが・・。

 

感想

 なるほど、これは中国で放送禁止になるわけだw。

 

 それぐらい、思想的、政治的メッセージがある作品だった。

 

 ただ、それを味わうためには、最低限”火薬陰謀事件”は知っておいた方がいいだろう。

 

 この事件は1605年当時、イングランド国王であったジェームズ1世らを爆殺しようと計画されてもので、国王らが出席する11月5日の上院開院式に決行される予定だったのだが・・。

 

 計画は直前で、失敗。実行責任者だった、ガイ・フォークスは捕まり絞首刑にかけられた、という出来事。

 

 これ、まったく知らなかったw。

 

 国王暗殺未遂って、かなりデカイ事件ですよね・・( ;∀;)。それなのに、ホント知りませんでしたよw

 

 ただこれ日本人は、知っておくべきですね。

 

 というのも西欧諸国では、映画”アイアンクラッド”もそうなのだが、時の絶対権力者(国王)との間でこういう事が、往々にしてあったのだ。

 

 そして、こういう血塗られた闘争の中から生まれたのが、西欧近代国家という概念だという事を、我々はもっと認識すべきだと思う。

 

 この作品の中で、”政府が我々を恐れるべきだ”といセリフがあるが、まさにこういう歴史があるからこそなんでしょうね( ;∀;)。

 

 日本も曲がりなりにも、近代国家を標榜するなら、もっと上に意見しないとねw。

 

 まあ”論語”の影響もあり、なかなかそれは難しいのだが・・(+_+)。

 

スポンサーリンク

 

こんな人に、おすすめ!!

 政治的な作品が観たい人

 難しい作品が観たい人

 おすすめです

 

関連グッズ

DVD

 

アクションが凄いです

 

日本の社会構造が理解できます

 

お世話になってる、動画配信サービス

本ページの情報は2021年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 

 

応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。