シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「潜入者」の感想 | 実話だからこそ予備知識必須

 

潜入者

作品情報

作品名 潜入者
公開日 2017年
上映時間 127分
監督 ブラッド・ファーマン
主演 ブライアン・クランストン
配給 クロックワークス

 

キャスト

 

あらすじ

 1980年代、南米コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル率いる麻薬カルテルメデジン・カルテルによる密輸が問題となっていた。関税局のロバートはフロリダ州のタンパで潜入捜査を行っていたのだが・・。

 

感想

 これは、予備知識必須の作品だろう。

 

 舞台となった80年代は、ちょうどレーガン政権の時代だ。

 

 経済政策”レーガノミクス”などでも有名だが、彼は”薬物戦争”を強固に進めて大統領でもあった・・。

 

 ”薬物戦争”、日本では”麻薬戦争”とも言われているが、初めに使ったのは、第37代合衆国大統領リチャード・ニクソン

 

 違法な向精神薬の流通、生産、消費の阻止を目的としていて、これがレーガン政権下でも引き継がれたんだと思う。

 

 ただ、ボリビアで日常的に使われていた”コカ”を”コカ撲滅作戦”の名の下に、排除して反感をかったり、麻薬取締法で白人と黒人の分断を招いてしまったりといろいろ問題があったようだ・・( ;∀;)。(これは黒人の使用率が高いとされる固形コカインに、粉末コカインの100倍の懲役年数が課せられたからだ)

 

 こういう社会的不条理、社会的不安(レーガン政権は”小さな政府”を目指した)を皮肉たっぷりに、こき下ろしていたのは、なかなか興味深かった。

 

 潜入捜査という命懸けの緊張感だけでなく、その当時の社会情勢を見事に描いている作品だと思いました。

 

スポンサーリンク

 

こんな人に、おすすめ!!

  潜入捜査モノが観たい人

 スリリングな作品が観たい人

 おすすめです

 

関連グッズ

DVD

 

こちらは、スタイリッシュな感じです

 

麻薬絡みで、もう一本

 

お世話になってる、動画配信サービス

本ページの情報は2021年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。