シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「マイノリティ・リポート」の感想 | なかなか難しい作品です

 

マイノリティ・リポート

作品情報

作品名 マイノリティ・リポート
公開日 2002年
上映時間 145分
監督 スティーブン・スピルバーグ
主演 トム・クルーズ
配給 20世紀フォックス

 

キャスト

 

あらすじ

 プリコグと呼ばれる、殺人予知システムにより、殺人発生率がほぼ0%となった、近未来都市。ジョンは、犯罪を未然に防ぐ犯罪予防局に勤めていたのだが・・。

 

感想

 「頼みの綱は、超能力かよw」

 

 途中まで、観た時につい言葉が出てしまった・・。

 

 これは、ネタばれではないと思うので書くが、プリコグというシステムは、3人の予知力者に支えられている。

 

 予知能力・・。さまざまある、超能力の中でもメジャーで、その歴史も古い。

 

 本邦でも、占いという形ではあるが、安倍晴明ですっかり有名になった集団、陰陽師もそういうものだったのだろう。

 

 ちょっと話はそれるが、安倍晴明の次に有名になるのでは、と勝手に予想が賀茂忠行(かも ただゆき)。晴明の師匠であるここと、某漫画の影響でなるのでは、と思っていますw。

 

 そんな、由緒ある(?)能力ってことで、予知能力自体、比較的信頼された能力だと思う。(まあ、超能力に信頼も何もないと言えばそれまでだが・・w)

 

 そこからプリコグは何か信頼された、システム、マシンのメタファーではなかろうか。

 

 信頼されたシステムによる監視社会・・。

 

 近未来あるあるパターンだが、ここでこの作品は、逆説的ともとれる事を訴えてくる。

 

 それは、人は完璧なシステムを求めるが、それが完璧である程、人に馴染まないという矛盾。(この事は、過去のロボット作品で、執拗に人間性を求めた事に通じる気がする・・。)

 

 そこからくる”マイノリティ・リポート”だと思いました。

 

スポンサーリンク

 

こんな人に、おすすめ!!

 近未来SFが観たい人

 考察大好きな人

 おすすめです

 

関連グッズ

DVD

 

このアニメもいいですよ

 

ポスター

 

お世話になってる、動画配信サービス

 

応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m。