オッサンの独り言

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【おすすめ映画】「タクシードライバー」/孤独な現代人に贈る作品

タクシードライバー

 

 

作品情報

作品名 タクシードライバー
公開日 1976年
上映時間 114分
監督 マーティン・スコセッシ
主演 ロバート・デ・ニーロ
配給 コロンビア映画

 

キャスト

 

あらすじ

 ニューヨークにある、小さなタクシー会社にある男が訪ねてきた。彼はベトナム帰還兵で、トラヴィスと名乗った。不眠症を患っているので、夜勤のタクシー運転手を志望するのだが・・。

 

感想

つながりをもとめて

  この作品は、近代的な都市で暮らす人々の不安を、見事に描いていた。

 

 その一つであろう、孤独感・・・。

 

 主人公のトラヴィスが、夜の街をタクシーで走るシーンがあるのだが、それがいかにもだった・・。

 

 きらびやかな街の明かりの中、運転するトラヴィスの表情は暗く、流れるBGMのサックスの音色が何とも言えなかった・・。

 

 ホント、都会の孤独感がヒシヒシと伝わってきましたよ( ;∀;)。

 

モヤモヤとした、焦燥感

 そんな孤独感の中、漠然と日々を過ごしていたトラヴィスだが・・。

 

 このままではいけない、と焦りはじめる。ただ一体自分は、何をやりたいのか全く分からない・・。

 

 このモヤモヤとした焦燥感、メチャメチャ共感できたw。

 

 

 きっとこの焦りも、都会ならではなんでしょうね・・。

 

 

まとめ

  都会で孤立してく若者の苦悩を、見事に描いた作品だった。

 

 サックスの音色と、ひょろっとしたデ・ニーロの姿が、都会でやつれていく人々って感じでしたよ・・。

 

スポンサードリンク

 

 

こんな人に、おすすめ!!

  哀愁漂う作品が観たい人。

 夜に合う映画が観たい人。

 おすすめです。

 

関連グッズ

 

 

 この作品も、現代社会の闇を描いています。

 

お世話になってる、動画配信サービス

 

参加しているので、応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。