シンプル映画感想ブログ

面白いと思った洋画を、シンプルに紹介しています。

【映画】「アメリカン・ギャングスター」の感想 | 現代社会の問題がここに凝縮!!

 

 

本日の紹介映画/アメリカン・ギャングスター

作品情報

 

作品名 アメリカン・ギャングスター
公開日 2008年
上映時間 157分
監督 リドリー・スコット
主演 デンゼル・ワシントン
配給 ユニバーサル映画

 

キャスト

 

簡単なあらすじ

 1968年。ハーレムで有名だった”バンピー”ジョンソンが亡くなった。その後を継ぐようにして、彼の運転手だったフランクが麻薬ビジネスを展開していくのだが・・。

 

感想

 パケ写からして、デンゼル・ワシントンが善人なのかなと思ったが、違う事にまず衝撃をうけたw。

 

 そして内容なのだが・・・。

 

 これがね~、言葉が胸にグサグサ刺さる作品だった(;´Д`)。

 

 特にフランクが語る言葉が、デンゼル・ワシントンの演技力も相まって深く深く響くんですよ(;´Д`)。

 

 そして何より、その言葉な端々から現代社会が抱える歪みや、矛盾が見え隠れするのがたまらなかったw。

 

 そんな中で、メガトン級にきたのが、終盤ピンチなになったフランクが言った言葉。

 

 ”ハーレムが守ってくれる”これは、ホントに鳥肌がたちました(;´Д`)。

 

 確かにハーレムの人々は、彼を庇うだろう。しかしそれは、彼が平和と秩序をもたらすからなのだ。

 

 これ、裏を返せば平和と秩序が保障されるなら、トップは誰でもいいってことになりませんか(;´Д`)。

 

 ここに、今まさに人類が直面している問題の核心があうようで、ゾッとしましたよ(;´Д`)。

 

 とても長い作品ですが、非常に面白く一気に観れる作品でした(#^^#)。

 

こんな人に、オススめ!!

 社会派映画が観たい人。

 マフィア映画が観たい人

 オススめです。

 

スポンサードリンク

 

 

関連グッズ

 

 

こちらも、デンゼル・ワシントン主演の社会派映画、とても面白いです(#^^#)。

 

お世話になってる、動画配信サービス

 

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 参加しているので、応援おねがい!!


映画レビューランキング

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村