シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【映画】ジングル・オール・ザ・ウェイの感想 | これからの時期お父さんは大変(;´Д`)

 

 

本日の紹介映画/ジングル・オール・ザ・ウェイ

作品情報

 

 

作品名 ジングル・オール・ザ・ウェイ
公開日 1996年
上映時間 89分
監督 ブライアン・レヴァント
主演 アーノルド・シュワルツェネッガー
配給 20世紀フォックス

 

キャスト

  • ハワード・ラングストン(アーノルド・シュワルツェネッガー
  • マイロン・ララビー(シンバッド)
  • リズ・ラングストン(リタ・ウィルソン)
  • ジェイミー・ラングストン(ジェイク・ロイド)

 

簡単なあらすじ

 運動器具会社の社長ハワードは多忙な日々を送っていた。そのため、ついつい家庭を疎かにしてしまっていた。8歳の息子ジェイミーの、カラテの昇段試験もすっぽかしてしまい、その償いに「ターボマン」のフィギュアをプレゼントする事にしたのだが・・

 

感想

ただただ懐かしい

 この作品は、観ていて懐かしかった。

 

 クリスマス・イブ当日、アーノルド・シュワルツェネッガー扮するハワードが息子のため、おもちゃを血眼で探しまくる・・・。

 

 この光景が、アラフォーおっさんの胸にグッときた(;´Д`)。

 

 思えばおっさんも幼い頃、よくおもちゃをクリスマスにせがんだものだよ・・。

 

 その度に両親はそれこそハワードの様に、店に電話をかけあると分かれば、一緒に店の外に並んでもくれた・・・。

 

 この作品は、そんな記憶を呼び起こしてくれる。

 

 今となっては、なぜあれほどおもちゃが欲しかったのか謎だが、嬉しかった事だけは覚えているw。

 

 懐かしいなと思うと同時に、これからであろう、甥っ子のためのおもちゃ探しの旅がちと頭をよぎる作品でしたw。

 

コメディはちょっと・・(;´Д`)

 主演を務めるのは、ご存じアーノルド・シュワルツェネッガー

 

 アクション俳優として有名で、私も彼の作品を多数観ているのだが、コメディ作品を観るのは、今回が初めてw。

 

 期待して観たのだが・・・・。

 

 なんか、しっくりこない(;´Д`)。

 

 やはりイメージのせいなのだろうか・・・。

 

 どうもアクション無しのシュワちゃんは、いまいちだった(+o+)。

 

 笑いのポイントもぎこちなく、笑えないのだが逆にそれが滑稽で、面白いっていうのはあったけどねw。

 

スポンサードリンク

 

 

こんな人に、オススめ!!

 クリスマスに因んだ作品が観たい人。

 ドタバタコメディ作品が観たい人

 オススめです。

 

関連グッズ

 

 

こちらの作品は、アクションとコメディが程よい感じでした(#^.^#)。

 

お世話になってる、動画配信サービス

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

参加しているので、応援お願い!!


映画レビューランキング

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村