シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

【映画】ロード・トゥ・パーディションの感想 | ぎこちないがとても深い父と子の愛情物語

 

 

本日の紹介映画/ロード・トゥ・パーディション

作品情報

 

作品名 ロード・トゥ・パーディション
公開日 2002年
上映時間 119分
監督 サム・メンデス
主演 トム・ハンクス
配給 ドリームワークス

 

キャスト

 

簡単なあらすじ

 イリノイ州ロックアイランドでマイケル・サリヴァンは、妻と子2人で暮らしていた。ごく普通の家庭で、良き父親に見えるマイケルだが、実はアイルランド系マフィアの殺し屋という裏の顏を持っていた。

 

感想

父と子

 原作者のマックス・アラン・コリンズが「子連れ狼」に影響を受けたということもあり、父と子がテーマとなっているこの作品。

 

 サリヴァン親子、ルーニー親子はもちろん、マイケルとジョンの関係もなかなかに深かった。

 

 父と子・・・。最も身近な存在だからこそ起こるすれ違いが、歯がゆさを感じると同時に、親しみを感じる作品でした(#^^#)。

 

ボ、ボンドさん(;´Д`)

 この作品、重厚でとても面白いのですが・・。

 

 ある事が気になってしょうがなかったw。

 

 それはコナー役のダニエル・クレイグだ(;´Д`)。

 

 ダニエル・クレイグといえば、6代目ジェームズ・ボンドで有名。

 

 ボンド役でのデビューは、この作品の後になるのだが・・。

 

 観る順番が悪かったのか、どうしてもジェームズ・ボンドの影がちらつく;´Д`)。

 

 かつてルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルがそうだったように、ダニエル・クレイグも、ハマリ役から脱却だきなくなるのだろうか・・・(;´Д`)。

 

スポンサードリンク

 

 

こんな人に、オススめ!!

 父と子の絆を描いた作品が観たい人。

 マフィア映画が観たい人。

 オススめです。

 

関連グッズ

 

 

 大恐慌時代のマフィア映画といえばこれ。

 

お世話になってる、動画配信サービス

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

参加しているので、応援おねがい!!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

 


映画レビューランキング