シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

夫婦の愛そして社会の欺瞞を訴える作品/ナイロビの蜂

 

作品情報

 

 

作品名 ナイロビの蜂
公開日 2005年
上映時間 128分
監督 フェルナンド・メイレレス
主演 レイフ・ファインズ
配給

フォーカス・フューチャーズ

 

あらすじ

 ケニアのナイロビに駐在するイギリス人外交官、ジャスティン・クエイルはある日、妻テッサの死亡報告を受ける。何者かによって殺害されたと知った、クエルは真相を知るために調査にのりだすが・・・

 

感想

 今回は「ナイロビの蜂」を紹介。

 

 これは、社会派映画になるのだが、とにかくテッサの情熱が目立つ作品だった(;´Д`)。

 

 友人の忠告など、どこ吹く風という感じで自分の信念のため、行動するテッサ。その激しさに、時おり困惑するクエイル。

 

 クエイルは自分の立場もあるのか、テッサの行動は理解はするが納得できない様子。その事で、ギクシャクする場面が描かれているのだが、これがとても上手かった。情熱家らしいテッサの猪突猛進ぶりと、それをちょっと冷ややかな目で見るクエイルが対照的で、とても面白かった。

 

 ストーリーは進み、テッサ殺害の真相を、クエイルは暴こうとしていた。その姿はまるで、生前のテッサのようでここで、昔の思い出が描かれるのがなかなかに、良い演出だった。

 

 そして、まさかまさかのラスト。こんな終わり方をするとは・・・予想外でした(;´Д`)。ただこれによってこの作品が、単なる社会派映画ではなく夫婦の絆をも上手く取り込めたような気がします。

 

 利権にまみれた世界で、美しい夫婦愛をみせてくれた作品でした。

 

 

こんな人にお勧め!!

 夫婦愛が美しい作品を観たい人

 社会派映画を観たい人

 おすすめです。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村