シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

これぞ超一流の殺し屋/ジャッカル

 

作品情報

 

 

作品名 ジャッカル
公開日 1998年
上映時間 124分
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
主演 ブルース・ウィリス
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

あらすじ

 1997年モスクワ。ロシア内務省(MVD)とアメリカ連邦捜査局FBI)は、合同でチェチェンマフィアの摘発に乗り出す。合同チームはメンバーのガッツィーを逮捕するために、乗り込むのだが、思わぬ反撃を受けガッツィーを射殺してしまう。

 これに激怒した、兄でマフィアのボス、テレクは復讐するためにある人物に接触するのだが・・・。

 

感想

 今回は「ジャッカル」を紹介。

 

 この作品は、1973年の「ジャッカルの日」のリメイク版

 

 そんな作品なのだが、とにかく登場人物が魅力的(#^^#)。

 

 超一流でありながら、謎の多い殺し屋”ジャッカル”。演じるのは、あのブルース・ウィリス。これは絶対あたりだと思ってはいたが、予想以上だった。

 

 もう初登場シーンから、大物感がビシビシ伝わってくるw。なんでしょうね、ただ座っているだけなのに、圧が半端ない。さらにあの眼光。相手を射抜くかの様な鋭さ(;´Д`)。まさに超一流の殺し屋という感じでしょうか。

 

 そんな彼を迎え撃つは、MVDとFBIの合同チーム。その中でひときわ目立ったのが、紅一点のヴァレンチーナ・コスロヴァ少佐だ。

 

 彼女もまた、いいキャラだったw。MVDという特殊な環境で”少佐”まで上りつめただけはあり、頭の回転の速さ、胆力は尋常ではなかった。さながら百戦錬磨の猛者という感じだろうか。また愛煙家のようで、タバコをよく吸うのだが、それがまたカッコイイw。

 

  そんな強烈な二人に挟まれたせいか、もう一人の主人公、デクランの影が薄かったw。せっかくリチャード・ギアを使ってるのに、ちょっとチャライ男というイメージしか残らなかった(;´Д`)。ホントこれはどうにかして欲しかった。

 

 ジャッカルの鮮やかな変装も凄く、また最後の最後までハラハラさせられる作品でした。中毒になりそうなOPにも注目してみてください。

 

 

こんな人にお勧め!!

 ハードボイルドな作品が好きな人

 おすすめです。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村