シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

真実とは・・/真実の行方

 

作品情報

 

 

作品名 真実の行方
公開日 1996年
上映時間 130分
監督 グレゴリー・ホブリット
主演 リチャード・ギア
配給 パラマウント

 

あらすじ

 シカゴのカトリック教会で、大司教が殺害された。容疑者として、逮捕されたのは19歳の青年アーロン。世間が注目するこの事件に、弁護士として名乗りを上げたのが、マーティンだった。彼は、弁護を無料で引き受けるというのだが、その真意とは・・・

 

感想

 今回は「真実の行方」を紹介。

 

 これは、人が人を裁く、という事の難しさを教えてくれる作品だった・・・。

 

 以下、ちょっぴりネタバレなるのでご注意を。

 

 主人公のマーティンは、弁護士なのだが・・。

 

 これが、絵にかいたような自信満々な弁護士だったw。

 

 言葉こそ丁寧なのだが、その態度や振る舞いから感じられるのは、自分に対する絶対的な自信。ただそれが嫌味じゃないんですよ~w。持ち前の甘いマスクで見せる、微笑がなんというか、人たらしとでもいうような感じだった(#^.^#)。

 

 これはもう、リチャード・ギアの演技力の高さゆえなのだろうが、ほんと憎めない愛すべきキャラクターだった。

 

  そんな彼が、なぜかこの事件には拘る。これは、まあ売名行為ともとれなくもないが、その理由は後々にわかってくるのだが。

 

 これが意外だった

 

 裁判が、上手くいかないことで、ついポロっと本音が出てしまったと思うのだが、いや~マーティンがこんなこと考えていたなんて・・。

 

 ビックリですね~。これで、マーティンのイメージがガラッと変わってしまった。

 

 しかし、この事が逆にあだとなるなんて・・・。

 

 まさか、まさかの展開でした・・・(+o+)。

 

 敏腕弁護士も、しょせん人の子。目が曇る事もあるということでしょうか・・・。

 

 人の心は分からないと、改めて思わされる作品でした。

 

 裁判の様子や、事件の様々な伏線、そして俳優陣と非常によくできた、面白い作品なので、是非観てください。

 

 

こんな人にお勧め!!

 裁判物大好きな人。

 おすすめです。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村