シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

不完全ゆえの可能性/ガタカ

 

作品情報

 

 

作品名 ガタカ
公開日 1998年
上映時間 106分
監督 アンドリュー・ニコル
主演 イーサン・ホーク
配給 コロンビア映画

 

あらすじ

 近未来、人類は遺伝子操作により、優れた能力を持つ「適正者」と呼ばれる人達が多数を占めていた。一方、自然分娩により生まれた人は「不適正者」となり、両者の間には社会的な隔たりがあった・・・。

 

感想

 今回は「ガタカ」を紹介。

 

 遺伝子操作により、優劣が分類されてしまった近未来の社会。

 

 遺伝子操作というと、今でこそ、さほど新鮮味を感じないが、当時はかなりホットなワードだったと思う。というのも、1996年に世界を震撼させた、ある事が起こったからだ。そう世界初のクローン羊の誕生である(@_@。。

 スコットランドのロスリン研究所で、生まれたその羊は「ドリー」と名付けられた。体細胞クローンのその羊は、確かに元の羊にうりふたつw。(羊の見分けなんかつかないがw)この事により、クローン技術について論争が盛んになっていた時期だった。この作品も、少なからずその影響を受けているのではないのだろうか・・・。

 

 さて話を戻すと、そんな社会の中で、ヴィンセントは劣勢=「不適正者」として生まれる。「不適正者」の彼は、そのために自分の夢を諦めるしかなかった。

 

 彼の夢は宇宙飛行士になる事。そして、そのためには「適正者」となり、なんとしても「ガタカ」に入社するしかなかった。

 

 そのために彼がとった行動は・・・。ってこれが随分と古典的な方法だった(;´Д`)。近未来SFなんだから、もうちょっと違った方法なかったのかよと、思うくらい。でもまあこれはこれで、良かったかな。完璧よりも、このくらいがバレるかもという、緊張感がでてみていて面白かったがw。

 

 そして無事「適正者」となり、入社したヴィンセント。「ガタカ」の社員は当然、全員「適正者」。そんな中である女性と、親しくなるのだが、その後の展開が非常に興味深かった。

 

 というのも、彼女を通して「適正者」の、弱さがみえてきたからだ。遺伝子操作によって完璧に近い能力を持つ彼らが、それゆえに苦悩する姿は滑稽だった。

 

 そして、逆説的に不完全な「不適正者」だからこそ、可能性がるとして作品は終わる。

 

 なかなかに深い作品だった。

 

 

こんな人にお勧め!!

 SF作品だいすきなひと

 おすすめです。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村