シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

ヒーローだって辛い(*_*;/デッドゾーン

 

作品情報

 

 

作品名 デッドゾーン
公開日 1987年
上映時間 103分
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
主演 クリストファー・ウォーケン
配給 パラマウント映画

 

あらすじ

 主人公のジョニーは教師で、同僚のサラとは将来を誓い合った仲だった。ある晩ジョニーは、サラを家に送り返した後事故にあう。彼は昏睡状態におちいり・・・

 

感想

 今回は「デッドゾーン」を紹介。

 

 この作品は、事故で昏睡状態だった主人公が、目覚めたら超能力者になっていたというお話。

 

 こういう設定は、アメコミヒーローなどで、よくあるパターンだ。「スパイダーマン」、「ハルク」、「ファンタスティック・フォー」など、能力や事故にあうシチュエーションこそ違えど、不幸な事故により、突然超人的な力を手に入れるなど、似ているようにみえる。

 

 アメコミヒーローといえば、ある共通点がある。それは彼らは、必ず壁にぶち当たるという事。これは人知を超える力を突然手に入れた事による、苦悩や葛藤が描かれるパターンが多い。

  そんな時、彼らの傍には必ず、支えてくれる人達がいるという事も、お決まりの展開だ。そして支えてくれる人達(身内や恋人)に勇気づけられ、ヒーローとして覚醒していく、というのが王道ではないだろうか。

 

 そんな中で、ミソとなるのはやはり、いかにして逆境を跳ね除けるかという事だと思う。そこには人間臭い部分がるからこそ、ヒーローが成長できた時、観ている方も共感できるのだと思う。

 ちょっと話はそれるが、昔の日本のヒーロー物は、ヒーローとして出来上がってしまっていて、人間味があまりなかったように思う・・・。ただ「メタルダー」という特撮ヒーローはちょっと違ってたかな~(#^^#)。

 

 さて、話を「デッドゾーン」に戻すと、このミソともいうべき展開がないのだ。そうジョニーは逆境を跳ね除ける事ができず、逆に潰されてしまうのだ。これはちょっと驚きだったが、でもなんとなく分かる気もする。

 

 それは、作中のジョニー表情から伝わってくる、あの寂しげな感じでよくわかる。強さではなく、弱さや脆さを描いて人間臭さを演出した作品。1980年代の作風も相まって、ほどよい哀愁を漂わせてくれるとてもよい感じでした。

 

 因みに、ジョニーは「スリーピー・ホロウ」の物語が好きだ、と言っていましたが、演じていたクリストファー・ウォーケンは、その後実際に「スリーピー・ホロウ」で首無し騎士を演じてますw。

 

こんな人にお勧め!!

 ドラマ性が高いヒーロー映画をみたいひと

 おすすめです

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

 

 

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村