シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

モテるポイントは時代しだい?/ニューヨークの恋人

 

作品情報

 

 

作品名 ニューヨークの恋人
公開日 2002年
上映時間 118分
監督 ジェームズ・マンゴールド
主演 ヒュー・ジャックマン
配給 ミラマックス

 

あらすじ

 1876年のニューヨーク。公爵レオポルドは、ブルックリン橋で怪しい人物を見かける。その時は、隙をつかれ見失ってしまったが、夜の舞踏会にも現れ、ついに追い詰めるのだが・・・

 

感想

 今回は「ニューヨークの恋人」を紹介。

 

 これは、タイムスリップしたレオポルドが、現代のニューヨークで、運命の人ケイトに出会うというお話。

 

 これを観て、ふと思い出したのがエディ・マーフィ主演の「星の王子 ニューヨークへ行く」だ。この作品は、21歳となった王子アキーム(エディ・マーフィ)が、父親によって決められた花嫁に反発し、真の伴侶を見つけるべくニューヨークに旅立つというもの。

 

 この二つの作品。よくみると、設定が似ている。まず二人は、上流階級の人間ということ。そして、舞台はニューヨーク。さらにレオポルドは祖父から、アキームは父親から望まぬ婚姻をせまられていた、というシチュエーションも同じだ。しかしここまで設定が似ていながら、作品の内容は、ずいぶんと違うものになっていた。

 

 アキームの場合は、束縛の日々から解放され、自由なニューヨーク暮らしを描いていた。それは地位や名誉からの解放も意味していて、人としてのアキームの魅力を感じさせられるものだった。

 一方レオポルドの場合は、貴族という事を全面にだしていた。それはテーブルマナーだったり、乗馬の技術等々要するに、貴族として培ってきた作法や精神を土台とした人格が、人々を魅了していくというものだった。

 

 二人とも最後は、意中の人とゴールインするわけだが、そこまでの道のりで描かれている、アピールポイントがこうも違うのはいったいどういうことだろうか。

 

 それは、たぶん時代背景が影響しているのではないだろうか。

 

 「ニューヨークの恋人」がアメリカで公開されたのは、2001年。9.11の傷もまだ癒えていない時だろう。きっとアメリカでは、今までの価値観が崩れ、絶望していたに違いない。そんな中で、レオポルドが生きていた時代の貴族的精神に、光を見出そうとしていたのではないか。

 

 なにもこれは、アメリカに限った事ではないだろう。我が国でも、平成の大不況の中、昭和が美化されまくった事は、記憶に新しい。

 

 年号も変わり令和となったが、希望がみえない今、また昭和が美化されるのだろうか・・・それとも、いっそ江戸くらいまで遡って、生きてもいない時代を良かった良かったというのだろうか・・・。

 

 

こんな人にお勧め!!

 ラブロマンス大好きな人

 かっこいいヒュー・ジャックマンをみたいひと

 おすすめです。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

お勧め動画配信サービス

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村