シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

フッド:ザ・ビギニング

 

作品情報

 

 

作品名 フッド:ザ・ビギニング
公開日 2019年
上映時間 116分
監督 オットー・バサースト
主演 タロン・エガートン
配給 ライオンズゲート

 

 

あらすじ

 主人公のロビン・ロクスリーは領主として、何不自由ない生活を送っていた。さらに、ひょんな事から知り合った女性マリアンとも幸せな時を過ごしていた。しかし、州長官から徴兵の手紙がとどき・・・。

 

感想

 今回は「フッド:ザ・ビギニング」を紹介。

 

 この作品は、あの有名なロビン・フッドが主人公。

 

 ロビン・フットといえば、まず思いつくのが弓の名人。本作でも弓での戦闘シーンはたくさんでてきます。というか、このロビン・フット、弓のみで闘っていたような気がします(@_@。。これ、ゲームとかだったらすごい、縛りゲーですよね・・・w

 

 そんな、M気質のロビン・フットの、闘い方が独特だった。おそらく、元来のロビン・フットのイメージだと、遠くの的をしっかりと狙い、撃つという感じだと思う。

 

 しかし、この作品では、中、近距離での闘いがメインとなっているで、闘う距離がとても近い。そのため素早く、そしてさまざまな体制で弓を使い、敵をたおしていた。

 

 これが、なかなか斬新で面白かった。また、敵もクロスボウとか連弩(?)みたいな兵器をつかってくるのだが、この威力が半端ない(@_@。。

 

 壁とか岩とか、ガンガン砕けちゃうんですよw。なんか中世なのに現代の銃撃戦をみているようで、すごい緊張感でした。

 

 新しいスタイルのロビン・フットが、観れてとても面白かったです(#^^#)。

 

こんな人にお勧め!!

 中世時代の物が好きな人

 アクション映画好きな人

 おすすめです。

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

お勧め動画配信サービス

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村