シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

ティアーズ・オブ・ザ・サン

 

作品紹介

 

 

作品名 ティアーズ・オブ・ザ・サン
公開日 2003年
上映時間 121分
監督 アントワーン・フークア
主演 ブルース・ウィリス
配給 コロンビア映画

 

 

あらすじ

 内戦が続くナイジェリア。民族対立が激化し、反政府軍が全土を掌握した。そんな中米軍は、在留外国人支援を開始。現地で医療活動する、アメリカ人医師の救出にむかうのだが・・・

 

感想

  今回は「ティアーズ・オブ・ザ・サン」を紹介。

 

 これは、ナイジェリアの民族紛争問題をテーマにしている。

 

 民族紛争問題となると、いろいろと複雑な背景があるのだが、この映画はその事よりも、民族浄化の名の下に行われる残虐性、悲惨さを訴えてくる。

 

 そのシーンが、敵対する村を襲うシーンだ。これは、本当に酷かった・・・。なんか、人間の奥深くにある、どす黒い闇の部分をみたようでゾッとしてしまった。(;´Д`)

 

 それと同時に、これはあくまでも映画なのだからという思いもあった。しかし、いろいろと調べると悲しいかな、やはりナイジェリエの現状は、きっとこんなんだろう。日本があまりにも平和すぎるせいだろうか、映画のような現実を映画で知るとは・・複雑な気持ちだ

 

 そんな惨状をみて、救援部隊がとった行動は現実的にはありえない事だろうが、これには共感できた。あくまでも部隊(特にウォーターズ大尉)が、良心に従っての行動というのが良かった。米軍全体の意思みたいなのが出てくると、変なプロパガンダになってつまらなかっただろう。

 

 最後、エンドロールに出てくる一節は、若干独善的にも思えるが、こんな現実をみたら考えちゃいますよね・・・(;´Д`)

 

 世界にはまだまだ紛争があるのだなと、思い知らさせる作品でした。

 

こんな人にお勧め!!

 世界の民族紛争の現状を知りたい人

 おすすめです。

 

登場人物

 

 

関連グッズ

 

 

 

お勧め動画配信サービス