シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

レスラー

 

作品情報

 

作品名 レスラー
公開日 2009年
上映時間 115分
監督 ダーレン・アロノフスキー
主演 ミッキー・ローク
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

 

あらすじ

 主人公のランディは、1980年代のトップレスラーだった。それから20年、ラムディは人気も体もピークをとうに過ぎ、ボロボロの状態だった。スーパーでアルバイトをしながらプロレスを続け、想いを寄せるキャシディに会うため、ストリップクラブに通う日々を送っていた・・・

 

感想

 今回は「レスラー」を紹介。  

 

 これは、ドキュメンタリー映画っぽくなっていたが、なかなか面白かった。

 

 この映画に登場しているレスラーは、完全なるプロのショーマンとして描かれているのが、とても興味深かった。

 

 彼らは、まず善玉悪玉かポジションを確認する。というのもアメリカでは、善玉か悪玉かで役割がまったく違っていて、それぞれに決められた筋書があるそうだ。そしてそれによって抗争とかがあり、時には大物スターなどが登場して盛り上げるなど、非常にエンターテインメント性が高く、一つの作品として完成されているようだった。

 

 映画では試合の流れまで事前に、打ち合わせされているようだったが、これは本当かどうか分からないw。

 

 それもこれも全て、観客を喜ばせるためなのだが、その代償はとても大きいように感じられた。

 

 そう思わせたのは、流血デスマッチのシーンだ。ランディは、流血しながらも盛り上げるため、荒々しいファイトをリング上ではみせていた。しかし、試合が終わり控室に戻るとその姿は一変。椅子に座り、手当を受けながらも、うつむく彼はまさしく満身創痍。

 

 プロレスラーってここまでするのかと、思わせるシーンだった。

 

 プロレスはよく八百長と揶揄されるが、プロレスラーはその八百長のために、時には命さえ賭けているんだと教えてくれた作品でした。

 

 プロレスラーに誇りを持ち、こだわり続けた不器用ながらも、心優しい男の物語。

 

 是非、みてください。

 

 

こんな人にお勧め!!

 プロレス大好きな人

 おすすめします。

 

登場人物

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

 

関連グッズ

 

 

お勧め動画配信サービス