シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

ドント・ブリーズ

 

作品情報

 

 

作品名 ドント・ブリーズ
公開日 2016年
上映時間 88分
監督 フェデ・アルバレス
主演 スティーヴン・ラング
配給 スクリーン・ジェムズ

 

あらすじ

 舞台はアメリカのデトロイト。ロッキーは、面倒をみてくれない両親から、妹と一緒に逃げることを夢見ていた。そのためには、お金が必要で、二人の少年アレックス、マネーと一緒に強盗を繰り返していたのだが・・・

 

感想

  今回は「ドント・ブリーズ」を紹介。

 

 この作品の舞台となっているのは、アメリカのデトロイトデトロイトといえば、車産業で有名ですし、映画「ロボコップ」の舞台にもなっています。

 

 そんなデトロイトですが、治安はかなり悪いらしい(;´Д`)。1967年に起こった、アフリカ系アメリカ人の暴動が原因で白人住民が流出。さらに1970年代の日本車ブームが、車産業を生業にするデトロイト追い打ちをかけた。そして、皮肉なことに「ロボコップ」で有名になった街が、映画さながら2013年に経済破綻してしまった事は、記憶に新しいだろう。

 

 ちょっと脱線しますが、日本でも「AKIRA」という映画があり、2020年の東京オリンピックを的中させたとして、話題になりましたw。

 

 そんな背景を持つ街で、貧困家庭の少女を主人公にする事自体に、なにかメッセージ性を感じてしまいますが、さらに暗示的なメッセージが続く。それは彼女が、てんとう虫のタトゥーをしているという事だ。作品の英語発音では”lady bug”と言われているが、この”lady”が聖母マリアを指しているらしい。

 

 なかなかに深読みしたくなる映画ではあるが、大丈夫そんな事考えなくとも十分に面白いです(#^^#)。

 

 それは、設定と俳優陣が素晴らしかったためだろう。

 

 まず盲目の老人という、設定が素晴らしい。目が見えないという設定で、これほどのスリリングなシチュエーションができるなんて・・・脱帽です。

 

 そして、俳優陣。盲目の老人を演じた、スティーブン・ラングは言うまでもなく、またアレックスを演じた、ディラン・ミネットが素晴らしかった。

 

 特にディラン・ミネットの演技は、本当にハラハラさせられます( ;∀;)。

 

 面白いので、是非みてください。

 

こんな人にお勧め!!

 スリリングな映画が好きな人

 短い映画が観たい人

  おすすめします。

 

 

登場人物

 

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

 

関連グッズ

 

 

お勧め動画配信サービス