シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

プリズナーズ

 

作品情報

 

 

作品名 プリズナーズ
上映時間 153分
監督 ドゥニ・ヴィルヌーブ
主演 ヒュー・ジャックマン
配給 ワーナー・ブラザース

 

 

あらすじ

 ペンシルベニア州の田舎町。工務店を営むケラー・ドーヴァーは、妻グレイス、息子ラルフ、娘アンナと一緒に、隣家のフランクリン家で感謝祭を迎えていた。フランクリン家は夫のパーチ、妻ナンシー、娘イライザ、ジョイという家族構成。そんな中、遊びにいったはずのアンナとジョイが行方不明になってしまう・・・

 

感想

  これは、児童行方不明事件のお話なのだが、日本とアメリカでは行方不明事件の事情がかなり異なるようだ。というのも、アメリカは誘拐大国らしい。ネットでちょっと調べただけでも、年間80万人の児童誘拐があるという。そして、それが児童ポルノや臓器売買などに繋がっていくそうです・・・恐ろしいですよね(;´Д`)。だからあちらの国では、児童ポルノに厳しいのでしょう。日本人が考えてる、レベルとは違うんでしょうねきっと。

 

 さて、そんな事を考えつつ、この映画をみたのですが、宗教的要素が多く深読みしたくなる映画でした。

 

 まず、冒頭から”常に備えろ”というワードがでてくる。そして、アメリカでは先に述べたような、誘拐事件の背景がある。それを合わせて考えると、誘拐事件にも備えろというこをいいたいのだろうか?最初からいろいろ考えてしまう(;´Д`)。

 

 次に考えされられたのが、主人公ケラーの行動。行動というより、一連のシーンといったほうがいいかな。彼は、信心深く自分の考えに固執するタイプのようだ。

 

 だから、自分の思うように捜査が進まない事に怒り、刑事ロキに八つ当たりしていた。そんな中、聖書の引用が唐突に流れ、”人は罪深き者”だという。これは、どう解釈したらいいのだろうか?。

 

 私なりに考えてみたのですが、ケラーの行動を指して、やはり”人は罪深い者”といいたかったのではないか。ロキに八つ当たりする心情は分かるけど、やっぱりそんな事する人間の本性というか、そういうものが罪深いんだろうな。う~ん、なかなか難しい・・・(;´Д`)。

 

 いろいろ深読みしたくなる要素は、他にもあるのですが、あとは実際にみて考えてくださいw。

 

 まあそんな事考えなくとも、ヒュー・ジャックマンの演技が素晴らしかったので、それだけでもみる価値はあります。

 

こんな人にお勧め!!

 宗教的な映画が好きな人

 深読みしたくなる映画が好きな人

 お勧めします。

 

 

登場人物

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

 

関連グッズ

 

 

 

 

お勧め動画配信サービス