シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

マネーボール

 

作品情報

 

 

作品名 マネーボール
公開日 2011年
上映時間 133分
監督 ベネット・ミラー
主演 ブラッド・ピット
配給 コロンビア映画

 

 

あらすじ

 主人公のビリー・ビーンは、オークランド・アスレチックスのGM(ゼネラル・マネージャー)である。2001年、オークランド・アスレチックスはディビジョンシリーズで、ニューヨーク・ヤンキースに敗退。オフシーズンには、スター選手のフリーエージェント移籍が確定となる中ビリーは、2002年シーズンの戦力を確保するため、忙しい日々をすごしていた。

 ある日、トレード交渉のためクリーブランド・インディアンスを訪れていたビリーは、ピーター・ブラントと出会う。そして、彼から驚くべき事を聞かされるのだが・・

 

感想

 今回紹介するのは、マネーボールです。

 

 これは、非常に衝撃的な作品でした。

 

 オークランド・アスレチックスに実在したGM、ビリー・ビーンがいかにして弱小チームを立て直したか、という物語なのだが、そのやり方が凄い

 

 イエール大卒のピーター・ブランドを助手にして、選手を徹底的にデータ化。そこから勝つための戦略を、計算するというものだった。

 

 しかしこれには当然のように、周りから反発の声があがった。特にスカウトマンからの声が大きかった。彼らいわく、自分たちには長年の経験と直感があり、それが絶対正しいという事だった。

 

 これに対し、ビリーは結局それがダメだったと反論する。自分も含め、周りのスカウトマンは直感とかいいながら、選手のことを何も分かっていなかったと。(この辺り映画では、ビリーの過去と絡めて描かれている。)

 

 だから、今までのやり方ではなく、データから客観的に分析する統計学的手法を採用しようというのだ。(この手法はセイバーメトリクスというらしい)

 

 これは、みていて唸ってしまった。というのも、私はいままで統計学を、何か怪しい呪文のように考えていたからだ(;´Д`)。しかしこの映画では、とても現実的で客観的なアプローチとして描かれていた。これは、統計学というものの本質を表しているかもしれませんね。

 

 野球を愛し、勝つことに拘った男をブラッド・ピットが好演。

 

 面白いので、是非みてください。

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

 

こんな人にお勧め!!

 野球大好きな人

 統計学とかそういう分野に興味がある人

 お勧めしますw。

 

 

登場人物

 

関連グッズ