シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

すっかりパパになったケビン・コスナー【ラストミッション】

 

作品紹介

 

 

作品名 ラストミッション
公開日 2014年
上映時間 117分
監督 マックG
主演 ケビン・コスナー
配給 レラティビティ・メディア

 

 

あらすじ

 主人公のイーサン・レナーはベテランのCIAエージェント。そんな彼は、ある任務中に突然めまいに襲われ倒れてしまう。病院に運ばれたイーサン。そこで、医者から衝撃の告白をうけるのだが・・・

 

クリックお願い!!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

 

感想

  はあ~、ついにあのケビン・コスナーもパパになるのかw

 

 ケビン・コスナーといえば、ボディガードのイメージが強い。今は亡き、ホイットニー・ヒューストンとの”大人の関係”は、最高にセクシーだった。このイメージを引きずってるせいか、パパ役なんて想像もつかないw。

 

 しかし、この映画によって、そのイメージは消し飛ばされたw。

 

 今回の役は、CIAの敏腕エージェント、イーサン・レナー。

 

 まさしく従来のケビンのイメージ通り、シブくてカッコイイのだが、それも最初だけ。病気が発覚したあたりから、徐々に雲行きがあやしくなる。

 

 余命3ケ月と医師から告げられ、絶望するイーサン。その時、脳裏をよぎったのが、離婚した妻クリスティンと娘ゾーイの事だった。

 

 残りの人生を家族で、静かに暮らそうと決めたイーサン。そんな彼の前にあらわれたのが、謎の女エージェント、ヴィヴィ。

 

 彼女は、病気に効く試薬品を渡すかわりに、ある事をしてほしいと交渉してくるのだが・・・

 

 この女、かなりの曲者(@_@。

 

 ドSエージェントとでも言ったらいいのだろうか?w

  (ドS刑事というドラマがあるそうだが・・・)

 

 挑発的な態度で、せまってくるヴィヴィ対しに、イーサンはただただ、たじろぐだけ。もはや、そこには敏腕エージェントの姿はなかった(;´Д`)。

 

 しかし、さらなる試練がイーサンを襲う。

 

 それは、娘ゾーイからの着メロ攻撃だw。

 

 エージェントとして、任務中にここぞというときに掛かってくる。

 

 Icona Popの「I Love It」のまさにサビの部分、「I don’t care♪」がけたたましく鳴り始めるシーンなんて、爆笑ものだった。

 

 慌てて、スマホにでる姿はエージェントですらなくなっていた・・w

 

 同居することになった不法滞在者の家族や、パパ友になった悪党など全体的にコメディタッチだが、「ボディガード」のオマージュシーンを入れるなど、ケビンらしさを残した家族再生の物語。

 

 おもしろいので、是非みてください。

 

こういう人にお勧め!!

 コメディ風のケビン・コスナーを観たい人

 面白いので、ぜひみてください。

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

 

 

お勧め動画配信サービス!!