シンプル映画感想ブログ

面白いと思った洋画を、シンプルに紹介しています。

麻薬組織の闇を描いた傑作【ボーダーライン】

 

作品紹介

 

 

作品名 ボーダーライン
公開年月 2015年
上映時間 121分
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
主演 エミリー・プラント
配給 ライオンズゲート

 

 

あらすじ

 FBI捜査官ケイト・メイサーはある誘拐事件を捜査していた。容疑者のアジトを制圧したのだが、そこから無数の死体が発見される。この事件の裏には、麻薬カルテルの親玉が絡んでいる事を知り、ケイトは国防総省のマット・グレイヴァーのチームに参加することになるのだが・・・

 

感想

 この映画は、”麻薬”が作り出す、社会の闇の部分に焦点を当てた作品なのですが・・

 

 この闇が、あまりにも深すぎる(;´Д`)。

 

 深すぎて、そこには絶望しかないです。

 

 そんな絶望を、この闇の中心地となるメキシコの町、シウダー・フアレス市が如実にあらわしています。

 

 実際に存在する市なので、ちょっと調べてみたのですが・・・

 

 治安はめちゃくちゃ悪いそうです。映画でもその様子が描かれていましたが、これ観ると、日本に生まれて良かったと思いますね、ホント。

 

  映画は、そこで展開される作戦を通して、揺れ動くケイトの心情を描いています。

 

 この描き方は、見事でしたね。葛藤を抱えながらも、作戦自体には参加していくケイトの苦悩が滲みでていました。

 

 本当に、最後まで救われない映画でした・・

 

こんな人にお勧め!!

 シリアスな社会派映画を観たい人

 お勧めなので、観てください。

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

 

お勧め動画配信サービス

海外映画観るならココ!!

 

クリックお願い!!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村