シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

これぞまさに”悪友”!! アメリカンジョーク炸裂の作品

 

作品紹介

 

 

作品名 テッド
公開年月 2012年
上映時間 106分
監督 セス・マクファーレン
主演 マーク・ウォールバーク
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

 

あらすじ

 主人公の少年、ジョン・ベネットは友達がいなかった。そんな彼は、クリスマス・イブの夜に、サンタにある願い事をする。それは、プレゼントとしてもらった「テディベア」が真の友達になってくれる事だった。そして、朝になるとなんと「テディベア」が話すようになっていた。ジョンはこのぬいぐるみに【テッド】と名付け、一緒に暮らすことに。そして月日は流れ・・・

 

感想

 これは、まず子供向けではないです(+o+)。クマのぬいぐるみが、出てくるので勘違いされるかもしれませんが、決してそうではありませんw。

 

 と、前置きをした上での感想なのですが、これは賛否がはっきり別れるんじゃないかな~と思いました。というのも、下ネタ満載で、おバカ炸裂しまくり。その上、結構その表現が露骨なんですよ(;´Д`)。

 

 なので、まずこのアメリカ的なノリに耐えれる人じゃないと視聴は厳しいかな。でも、それに耐ええる人ならば、爆笑間違いなしです(#^^#)。下ネタとおバカ全開なのですが、ちゃんと笑いのツボはおさえてる。そこに何ていうのかな、笑いのセンス(?)みたいな物を感じる作品でした。

 

 あと思ったのは、テッドの事ですね。前半、結構邪険にしていましたが、私は逆にこういう友達はありだと思っています。(まあ、作品程の騒ぎっぷりはあれですけど・・)

 

 本当に自分の事を理解してくれて、一緒にバカしてくれる存在って貴重だと思うし、その方が人生楽しいと思うんですよ(#^^#)。

 

 最後はみんなハッピーになって良かったですし、最後まで笑かしてくれたこの作品はとても面白かったです。

 

 

こんな人にお勧め!

 下ネタ満載だけど平気な人

 腹の底から笑いたい人

 そんな人にはお勧めです!!

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

 

お勧め動画配信サービス

海外映画みるならココ!!

 

 

クリックお願い!!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村