シンプル映画紹介ブログ

おすすめ映画を、シンプルに紹介。

ローマを愛した男の姿がここに!歴史超大作映画

 

作品紹介

 

 

作品名 グラディエーター
公開年月 2000年
上映時間 155分
配給会社 ドリームワークス
監督 リドリー・スコット
主演 ラッセル・クロウ

 

 

あらすじ

 帝政ローマ時代、将軍マキシマスは皇帝アウレリウスから、信頼され寵愛を受けていた。自分の死期を悟った、アウレリウスはマキシマスに重大な事を託すが、やがてその事が皇太子コモドゥスから嫉妬を買うこととなり・・・

 

 

感想

 この映画は、とてもスケールが大きいです。冒頭の戦争シーンで、矢とかカタパルトが飛び交う中、戦うのも凄かったのですが、コロッセオでのシーンは、圧倒的でした。

 

 グラディエーターが蛮族役として、ローマ兵と闘うのですが、古代の戦車(?)みないた物まで登場して、これが凄まじい。

 

 人が入り乱れ、戦車がクラッシュするシーンは迫力満点でした。そんなシーンを観ながらふと思ったのが、馬って結構芸達者なんですねw。コロッセオでのシーンもそうなんですが、別のシーンでも主人公を乗せながら見事な転倒を披露してくれましたw。(隠れた名脇役なのかも?w)

 

 そしてこういう迫力あるシーンが注目されがちだけど、私は敢えて違うところに注目してみました。

 

 それは、作品全体に漂う哲学的要素です。これは、凄く考えさせられました。特に、皇帝コモドゥスが、民衆を操る策を考えるところなんかは、現代の政治もそうなのかな?とつい思ってしまいました。(*_*;

 

 こういう風に観ると、なかなか奥深い映画ですね。

 

 

こういう人にお勧め

 ローマ時代の映画を観たい人

 迫力ある戦闘シーンが観たい人

 それだけでなく、ちゃんと登場人物を描いている映画を観たい人

 そういう人に、お勧めします。

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

この映画も、面白いです!!

 

お勧め動画配信サービス

 色々試しましたが、海外映画みるならココ!

 

 

 

クリックお願い!!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村