シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

ジョシュ・ハートネットの演技に痺れたw

 

作品紹介

 

 

作品名 ラッキーナンバー7
公開年月 2006年
監督 ポール・マクギガン
脚本 ジェイソン・スマイロヴィック
配給 アートポート

 

 

 

あらすじ

 スレヴンは、ちょっとした理由で友人のニックを尋ねて、ニューヨークまでやってきた。しかし、友人のニックは留守だった。スレヴンが、シャワーを浴びてくつろいでいる時に、ギャングが現れ、「ボス」の所まで来るように言うのだが・・・

 

 

感想

 いや~これは、最後まで本当に展開が読めなかった(;´Д`)

 

 よーく観れば、手掛かりがあるのかも知れませんが、私は分かりませんでしたw。(あったら、教えてくださいw)

 

 これはひとえに、ジョシュ・ハートネットの演技力の高さがあったからこそだと思います。ネタばれになるので、あまり書きませんが、この役はなかなか難しい役どころだったと思います。そしてさらに、ブルース・ウィルスモーガン・フリーマンの超大物俳優との共演。こんな中でも、ジョシュ・ハートネットは素晴らしい演技を見せてくれました。

 

 最後まで観て、ネタが分かってからもう一度観ると、違った角度で楽しめるかもしれませんねw

 

 是非、観てください。

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

 

 

お勧め動画配信サービス

 

 

 

クリックお願い!!

 にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村