シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

いつの世も、苦労するのは弱い立場の人ばかり・・・

 

作品紹介

 

 

 

作品名 フロム・ヘル
公開年月 2001年
監督 アルバート・ヒューズ
配給 20世紀フォックス

 

 

 

あらすじ

1888年ロンドン。残忍な手口で娼婦が殺される事件が発生した。事件を担当することになった、アバーライン警部だったが、この事件の裏には巨大な組織が・・・

 

 

 

感想

  この作品は、切り裂きジャック事件をテーマとして扱っています。なので、結構グロいです(;´Д`)。なので、これ系が苦手な人は、あまりお勧めしません・・w

 

 ・・・と前置きをしたうえでの感想なのですが、この時代のイギリスって結構カオスだったんですね(+o+)。イギリスと言えば、紳士の国で、霧のロンドンと言われるから幻想的な感じの作品かなと思っていたのですが、違いました。

 とにかく、暗く、薄汚れた描写に終始しています。そんな中で、娼婦にスポットライトをあてています。

 

 路上で客引きをやり、自ら「人間のゴミ」とまで揶揄するほどの劣悪な環境。それでも、彼女らからはそれほど、悲壮感を感じませんでした。おそらく、それは、仲間同士で助け合いながらも、逞しく生きていこうという姿があったからだと思います。

 

 そして、そんな彼女らを人として扱い、不当な権力には真っ向から反発した、警部がとても好印象でした(*^-^*)。

 

 ラストが個人的にとても好きなので、是非最後までみてください。

 

 

 

 

登場人物

 

 

 

関連グッズ

 

 
 

 

 

 

 

 クリックお願い!!

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村