シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

パリより愛をこめて

 

 

 どうも、こんにちは~

 

 今回は、この映画を紹介したいと思います。

 

 

 

 パリより愛をこめてです。

 

 監督は、ピエール・モレル。

 キャストは、ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズです。

 

 

 まず、観て思ったことは・・・

ジョン・トラボルタかわりすぎだろw

 

 私の中での彼は、サタデーナイトフィーバー(1977)

のイメージが強すぎたせいか、ショックが大きかったです( ;∀;)

 

 この映画で、ジョン・トラボルタは、週末ディスコに

行き踊りまくるイケイケな感じではなく、スキンヘッドで

腰に下げている銃を、自分のカミさんと自嘲する

ワイルドでタフな捜査官でした。

 

 しかし、それが良く似合ってる。ジョン・トラボルタ

新しい一面を見た感じがしました。(#^.^#)

 

 また、脚本も良かったです。ジョン・トラボルタ演じる

捜査官は、ムチャクチャな捜査をします。

 

 しかし、それは後から振り返るとちゃんと

辻褄が合っている。

 

 日本にもいると思いますが、プロ中のプロ

と呼ばれる人達は、一見ムチャクチャだけど

本人の中では完成イメージが出来上がっている

ものですよね~。

 

 こういう演出にすることによって、

ジョン・トラボルタのキャラをプロっぽく見せるの

と同時に、次の展開が読めなくなり

一気に引き込まれてしまったのだと思います。

 

 面白いので、是非みてくだし。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村