シンプル映画感想ブログ

日々の生活に一時の楽しみを、お勧め映画絶賛紹介中!!

ウインド・リバー

 

作品情報

 

 

作品名 ウインド・リバー
公開日 2018年
上映時間 107分
監督 テイラー・ジェリダン
主演 ジェレミー・レナー
配給 ワインスタイン・カンパニー

 

 

あらすじ

 ワイオミング州ウインド・リバー保留地。FWS(合衆国魚類野生生物局)の職員であるコリンは、雪の中で少女の死体を発見する。FBIに協力要請をするのだが・・・

 

感想

 今回は「ウインド・リバー」を紹介。

 

 これは、まず保留地なるものの、知識が必要だ。

 

 詳しい事は割愛するが、ざっくり言うと、白人がネイティブアメリカの先住民を、肥沃な土地から強制的に僻地へ追いやった。その先が、この保留地なるものらしい。

 

 このアメリカ合衆国の闇ともいうべき部分に、切り込んでいくのが本作品。だから、サスペンスというより、人間ドラマと言った方がに近い感じだと思う。

 

 そんな背景を持つので、全体的にとても重い(;´Д`)。雰囲気、内容、登場人物が交わす言葉などなど、どれもとにかく重い

 

 その中でもとくに、ズシンときたのが、主人公コリーの言葉だ。彼は寡黙で、多くをあまり語らない。が、発する言葉一つ一つに、この地で生きてきた者の覚悟というか、何とも言えない説得力があった。

 

 重たい雰囲気の映画ではあったが、その雰囲気とは対照的な、ウインド・リバー晴れた大雪原の景色が印象的な映画でもあった。

 

こんな人にお勧め!!

 社会派映画が観たい人

 おすすめです。

 

 

登場人物

 

関連グッズ

 

 

 

 

お勧め動画配信サービス